ストレスは抜け毛の原因と言われています

現代は、ストレス社会と言われていますが、このストレス社会が髪の抜け毛に影響しているのはご存知ですか?
私たちの血管に分布している交感神経は、血管を収縮する働きがあります。逆に副交感神経は、血管を拡張する働きがあります。
人間は、強いストレスを感じ続けると、交感神経が過剰に働いてしまい、血管を収縮させてしまいます。
ストレスで胃の働きが悪くなって、胃もたれや胃がモヤモヤするのはこの交感神経が過剰に働いてしまっています。
頭皮の毛細血管も同様で、ストレスの影響で収縮してしまい、髪を作り出す毛母細胞に必要な栄養素が供給できなくなってしまいます。
そして、髪に元気がなくなり、薄毛になってしまい、そして最終的には、抜けてしまいます。

ストレスが無くなれば自然と回復する

ストレスがない環境にすることで、ストレスで弱ってしまった髪や抜けてしまった髪は、元に状態に回復していきますが、ストレスを受ける環境から抜け出せない場合は、年連に関係なく脱毛していきます。
「どうしても今の環境から抜け出せない」場合などは、育毛剤の力を借りて、毛母細胞に栄養補給すると良いです。

ストレスできてしまった十円ハゲは元通りに回復する

十円ハゲになってしまう原因として、ストレスを感じてしまい、交感神経が過剰に働いてしまい、血管を収縮させて髪の毛が抜けてしまいます。
もし、十円ハゲになってしまっても一般的に個人差はありますが、1ケ月から3ヶ月ほどで回復してきます。
どちらにしろ、ストレスは髪の毛にとって高負荷を与えていることでもあります。
ストレスの感じない環境や、気分をリフレッシュするような趣味を見つけたり、適度な運動をしてストレスをため込まないようにしましょう。